ピカ線(特一号銅線,光特号銅線,ピカ銅) High-Grade-Copper-Wire Bare-Bright

更新日:

ピカ線(特一号銅線,光特号銅線,ピカ銅)
雑線(雑電線,被覆電線)から被覆(皮)を除去し、中の銅を取り出したものです。
その美しい光沢から「ピカ線,ピカ銅,光(ヒカリ)線」などと呼ばれます。

ピカ線は、いわば「銅の針金(ここでの「針金」は「」ではなく金属の意味)」と言えるでしょうが、断面の直径が1.3mm以上が好ましく、髪の毛のように細いものはピカ線(一号銅線,光特号銅線,ピカ銅,光線)にはなりません。
また、断面の直径が1.3mm以上であっても、表面が劣化し光沢がなくなったものは焼一号銅線(くすみ線)、鍍金(メッキ)されているものは並銅(並故銅)や二号銅線となります。
さらに劣化していると、緑青銅(ろくしょうどう)や下銅とされます。
また、端に圧着端子が付いている場合は、取り除いておかないと減額されます。

ピカ線は銅そのものであるため買取価格は高いのですが、その分、銅相場の影響をまともに受けるため、売る時期を考えないと、大きく損をすることになります。
銅は水分や湿気で容易に劣化するため、保管場所には十分注意してください。
また、単価が高いので、盗難対象になりやすいので、その点にも注意しましょう。

なお、電線の被覆(皮)の除去はナイフでも可能ですが、怪我の危険があり、また量が多いと手間がかかるため、剥線機(はくせんき,電線剥離機,ワイヤーストリッパー,ケーブルストリッパー,ケーブル皮むき機)が使われます。
剥く量がそれほど多くない場合は手動式を、多い場合は電動式を選択することになるでしょう。
電動式の場合、200V用モデルがあると剥離力が強く快適に作業できますが、家庭用の電灯契約(100V)では使用できず、別契約の200Vが必要となります。


-銅(Copper)
-, , , , ,

Copyright© 金属スクラップ 買取 価格 相場 , 2019 All Rights Reserved.