減摩合金(ホワイトメタル,バビットメタル) White-Metal,Babbitt-Metal

更新日:

減摩合金(ホワイトメタル,バビットメタル)
減摩合金(げんまごうきん)は、錫(スズ)を主とした金属で、軸受合金(軸受用の合金)として使用されています。
錫(89%)、アンチモン(7%)、銅(4%)から成ります。
融点が低い(約200~250℃)ため、加工しやすく、メタルフィギア(金属製の人形)や、模型にも使用されています。
類似の金属には、ホワイトメタルやバビットメタルがあり、錫(90%)+銅(10%)、鉛(80%)+アンチモン(15%)+錫(5%)等があり、これらも軸受合金(軸受用の合金)として使用されています。
鉛が含まれているものは有害なため、鉛を含まない(鉛フリー)のものへの移行が進んでいます。


-錫(Tin)
-, , , ,

Copyright© 金属スクラップ 買取 価格 相場 , 2020 All Rights Reserved.